前回で内装アウターが全て通ったので、いよいよフロントフォークをぶっ挿していきます。

まず最初にやるのはクラウンレースの圧入。塩ビパイプを使い、上からハンマーで叩けば簡単に圧入できるとのことで早速チャレンジ。
DSC_1313
クラウンレース、塩ビパイプ準備OK。いざ。


DSC_1314
結構強めにガンガンやるも中々入ってくれないのでラスペネで滑りをよくしてみる。かなり力を入れて叩いているので、変な方向に力がかかってフォークが損傷してしまわないよう鉄下駄ホイールを装着しています。


ラスペネ先輩を浸透させ、再びハンマーを振るうも全く入っていく気配がないので、しびれを切らして荒業に走ります。。。
DSC_1315
圧入部分は柔らかい金属だったのでマイナスドライバーで削ってやりました🙃


よし!これで…



DSC_1331
…入らない!! しかも斜めになってる…笑



DSC_1316
ハンマーでの圧入に限界を感じたのでアプローチを変更しネジを使っての圧入に変更します。


純正で付いてきたモノではなくRitcheyのスターファングルナットを使用。見えない所にも赤パーツを使うこだわりよう…(自画自賛)
DSC_1318
スタファンをコラム上にセット。

DSC_1317
上からセンタリングパイプと工具本体を被せて…


DSC_1321
スコン。


DSC_1322
初めて専用工具を使ってスタファンの打ち込みをやりましたがお手軽すぎて驚きました。今までフォーク下から棒ネジを差し込んでチマチマ引き下げてたあの苦労は一体…。
買って損はしない工具の1つに認定します。


DSC_1326
圧入ほやほやのスタファンに棒ネジをねじ込みます。


DSC_1329
そしてナットやらワッシャーやらを上の画像のようにセット。
そうです塩ビパイプをヘッドチューブに見立てて、アヘッド式のフロントフォーク引き上げの原理でクラウンレースを圧入していこうという作戦です。


DSC_1332
うまくいってくれと祈りながらナットを締め込んでいきます。

だんだんとナットを回すのにも力が必要となり、キュッキュッと音が出始めたあたりからクラウンレースが徐々に圧入され始めました!これはいける!

勝利を確信してどんどんと締め込んでいったその時…。


ピキッ!!
鋭い音と共に自作工具が謎の爆発。


何事かと確認してみると、棒ネジがポロリ。
DSC_1333
なんとM6の棒ネジが破断しました…マジか…


ここまでクラウンレースと数時間の死闘を繰り広げ疲弊していた自分は、ネジが破断し危険と分かったにも関わらず「少しとはいえ圧入できた」という事実に執着し、同じ方法での圧入に再チャレンジしてしまいます…。
DSC_1335
今度こそは!!








バキッ。






先ほどに比べ、さほど圧力がかかっていない状態でしたが、すぐに何が起こったのか理解できました。またか…。
DSC_1336
ナットとヘッドキャップを取り除きます。
あれ??折れてない??
おかしいな、と思いつつ棒ネジを引き上げると…


スポンッ
DSC_1337
ああああああ


ご自慢の赤いスターファングルナットが無惨な姿に、、、しかし羽部分はめちゃくちゃ頑丈だな…1mmも上に上がった形跡がない。



ネジの締め込みを利用した圧入にも失敗し、思い付く限りでは最後の手段へ。
DSC_1338
番手の大きい紙ヤスリでクラウンレース内側を削ります。下側ベアリングと触れ合う部分は36°の面取りがされているのでそこには絶対ヤスリが当たらないよう細心の注意を払いながらの作業です。


たまにフォークへ嵌めてみて削れ具合を確認し、先程圧入できた位置へ素手で押し込めるくらいになったら…


ハンマーでズドンと。
DSC_1339
あっさり圧入完了!!


~今回の教訓~
クラウンレースとコラム根元の径が違いすぎてハンマーで圧入できないようなら、さっさと紙ヤスリをかけてクラウンレースの内径を調整する。


さて、クラウンレースさえ圧入できてしまえば後はウイニングランのようなもんです。
DSC_1340
破損したスターファングルナットが打ち込まれている部分はパイプカッターで切断。


DSC_1344
不本意ながら純正でついてきたモノを使用。


DSC_1345
苦労して圧入したクラウンレースに下ベアリングを被せます。下側は汚れや水が入りやすく錆びやすいのでグリスをしっかり塗っておきます。


DSC_1346
上ベアリングもセット。


DSC_1347
フォークを差し込みコンプレッションリングでコラムをセンターに固定。


DSC_1348
トップカバーを装着しフォークを引き上げてみたところ、回転が重たいのでマイクロスペーサーを1枚入れてみます。


DSC_1349
まずは0.2~0.3mmくらいのマイクロスペーサーでテスト。


…結局のところ最大1mmまでスペーサーを入れてみましたがヘッドの重さは改善しなかったので、こういうもんだと諦めてマイクロスペーサー1枚で落ち着くことに。
DSC_1378
ついにヘッド周り完成!(トップカバーはallezに元々ついていたノーマルな形状の物に変更)


これで次はいよいよドライブトレイン編に突入できますね😏








P.S.
昨日、7月18日に京都の伏見区で33名が死亡、その他にも数十名が重軽傷を負うという痛ましい放火殺人事件が発生しました。現段階での報道によれば、犯人の男は勝手な思い込みで怨恨を抱き、このような凶行に及んだとされています。
この理不尽な暴力を振るわれた京都アニメーションは、聲の形などを製作した製作会社で僕のお気に入りでした。高校の頃には男子校ということもあり友達と同社の作品の話題で盛り上がったものです。あのかけがえのない時間は僕の大切な青春の一ページとして刻まれています。

#PrayForKyoAni

最後になりましたがこの度被害に合われた方々、家族の方々に謹んで哀悼の意を表します。また、負傷された方々が無事回復されることを祈っております。








(このような事件が起こってしまった今、これまでのように京都アニメーションの作品を純粋に楽しむのは難しいかもしれません。そして、もう今までの京アニは帰ってこないのです。ですが、京アニが亡くなられた方々の意思を尊重し再起を図るというのであれば是非ファンの僕たちも頼ってほしいものです。エゴだ利己だと言われても構いません。人的被害だけでなく金銭的被害も膨大なはずです。それに一命はとりとめても心に傷をおった方は多いはずです。それらの方々のケアを行うにしても何かしらの支援が必要になるはずです。
幸せで豊かな時間を授けて下さった恩人です。必要であればできる範囲で最大の協力をさせて頂きます!受けた恩は返しますぜ!頑張れ京アニ!)